​工場概要

自社工場で製造から施工まで総合対応

 高度化する建設業界の支えとして、より大規模なPC橋梁ならびに高層建築の実現に向け、製造から施工・管理までを一貫して担う。これにより製品品質の向上はもちろん、コスト縮減にも貢献。安全管理や周辺環境への配慮も含め、県内企業として誇りある活動を行っています。

製造設備の概要

PCプレテンション桁の製作工程

最新の工法と設備で、迅速かつ高品質を実現
プレテンション方式とは、あらかじめPC鋼材に緊張力を与えた状態でコンクリートを打設し、コンクリート硬化後、PC鋼材の緊張力を解放、PC鋼材の付着によりコンクリートに圧縮力(プレストレス)を与える方法です。

1.PC鋼線の配置・緊張【緊張管理】
緊張装置(反力台)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
PC鋼材の緊張はこのポストを反力台として油圧ジャッキで行います。油圧ジャッキは3000KN、5000KNと7000KNの緊張能力です。
7000KNジャッキは今後大型化すると思われる製品への対応を可能としています。

2.鉄筋・型枠の組立【組立検査】
PC鋼材・鉄筋・内型枠

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
PC鋼より線の緊張後の内型枠・鉄筋を配置します。

外型枠の組立状況
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
組立は熟練した技術で精度よく組み立てます。

3.コンクリート製造と打設【コンクリート管理】
コンクリート打設状況

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
打設されたコンクリートは、バイブレーターにより十分締め固められます。

4.蒸気養生【温度管理】
蒸気養生状況

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
蒸気養生を行うことによってコンクリートの早期強度発現が可能となります。

5.型枠脱形
型枠脱形状況

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
蒸気養生終了後に型枠の脱形を行います。

6.プレストレスの導入【コンクリート強度管理】
プレストレス導入強度確認試験状況

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
製品が所定の強度に達したことを圧縮強度試験にて確認した後、PC鋼材の緊張力を解放してプレストレスを導入します。

7.PC鋼材切断
PC鋼材切断状況

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
プレストレスの導入後、桁端部のPC鋼材を切断します。

8.桁の仕上げ【製品管理】
製品の仮置き

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
プレテンション桁の端面を成型し、所定の搬出時期まで保管します。

9.出荷
出荷状況

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
工場内の保管ヤードより、各工事現場へ出荷されます。

沖縄ピーシー株式会社

本社所在地
〒900-0029
沖縄県那覇市旭町112番地1(金秀ビル西館 2階)
TEL 098-868-3050 FAX 098-868-3051

工場所在地
〒904-2162
沖縄県沖縄市海邦町3番地27
TEL 098-934-8377 FAX 098-934-8384

© OKINAWA PC CO.,LTD. Incorporated All rights reserved.